そのダルさ、湿邪かも・・・

【湿邪】とは?
湿度の高いところに長時間いると発汗がうまくおこなわれず、排出されるべき水分が体内のいろいろな場所に溜まって「冷え」を起こすと考えられています。
冷えると、血液の循環が滞って代謝が悪くなり、 むくみも起こりやすくなります。
体のだるさ、疲れやすい、やる気がでない、気分が滅入る、肩が凝る、関節が痛む、お腹の調子が悪いなど様々な症状として出てきます。

【対処法】
まずは半身浴で体を芯からを温めるなどして、汗をかけるようにしましょう。有酸素運動で軽く汗をかくのを数日続けると、体が軽くなってきたり、目覚めがスッキリしてくると思います。

汗をかいたら常温のお水などで水分補給をしっかり行いましょう。
内蔵を冷やすような冷たい物は避けて、温かい食事を心がけましょう。

夏本番を迎える前に体調を整えて、暑い夏を乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA