今年は本当に感動と興奮に包まれた夏を過ごすことができましたね!

まずは大阪桐蔭、おめでとう!やっぱり強い。守備もバッティングもフィジカルも高校生のレベルをとっくに超えているように感じました。相当きつい練習やトレーニングをこなしてきた結果だと思います。まして春夏連覇なんて。

まさに王者、本当の強さを垣間見ました。

そして、金足農業高校には本当に感動させてもらいました。

今まで甲子園を観ていて心臓がドキドキしたり、鳥肌たったりしたのなんて初めてじゃないかな?

決勝戦で10点差以上のなか2点目を取り返したときには思わず涙がこみ上げてきました。

点差が開いて結果的には負けてしまいましたが、あの決勝の舞台に立てたのは運でも奇跡でもなく実力で一戦一戦勝ち進んできた彼らだったわけで、紛れもなく今年の夏のNO.2だったわけですから誇りに思います。

意図せず全国的に有名になってしまい、もうしばらくは周囲が騒がしい状態が続くのかもしれませんが、彼らの残りの高校生活がフツーの高校生同様に楽しく思い出深いものになるように、周りの大人達が守り、導いてあげる必要があると思います。

これから先もグラウンドに立っていたときのように、ひたむきに人生を歩んでいってほしいと強く願います。

ありがとう金農!